人気ブログランキング |

カテゴリ:思ふこと( 21 )

食いボクロの女

私の口のそばにはホクロがある。

「口元のほくろは食いほくろ。食べることには一生困らない、縁起の良いほくろだ」

私が幼い頃の祖父の言葉。
ニコニコしながら、繰り返し話してくれた。そしていつも最後にこう付け加える。

「食い意地ぼくろとも言うんだ。
 だからおまえの食いしん坊は、残念ながら一生治らんのだ」

家族はそれを聞いて笑うけれど、私は誉められたのか けなされたのか分からず戸惑った。

ずいぶん昔の、祖父母の家で過ごした時の思い出。



ふと考えてみると、確かに私は食べ物には恵まれた生活をしている。

祖父母や親戚が農業をしていたし、漁師をしている親戚もいて
子供の頃はもちろん、一人暮らしを始めてからもずっと、
季節の野菜や新鮮な魚介類を沢山送ってもらっていた。

実はナマコやウニやアワビ、サザエが値段の高い部類の食材だと知ったのは
20歳を過ぎてからだった・・・。
(もらえる物はわざわざ買わないから、値段見たこと無かったのです・・・)

結婚してからも、実家からは美味しい野菜やミカンを度々山ほど分けてもらうし
住んでるところも田舎なので、ご近所さん達が丹精込めて作った野菜を
「食べきれないから」と持ってきてくれる。

夫が農業をやっている関係もあって、出荷しない収穫物は家で食べるし
田舎の物々交換的な関係の知り合いも多く 立派な椎茸や猪肉をいただいたり、
お米を安く分けていただいたり。

私自身も仕事が農業関係なので、時々野菜を貰って帰る。

そのほかにも、自分で買わなくても、フードマイレージの低い、美味しい物がやってくる的な事がよくある。

お金は無いけど食べ物に関してはある意味贅沢。

年間を通じてエンゲル係数がとても低い我が家の家計。安全で、心も豊かになる食生活。

本当にありがたいことです。


そしてやっぱり今でも食いしん坊(笑)
さらに夫婦そろって食いしん坊(笑笑)


祖父が生きて今の私の生活を見たなら、満足そうに笑って
「ほぉら、じいちゃんの言った通りになったろう?」
と言うんだろうな。
by hiron-mori | 2012-03-16 05:58 | 思ふこと

やさしい気持ち

友人から良い知らせ。
つられて明るい気持ちになる。

ホントに良かった。
知らせてくれてありがとう。

最近落ち込み気味な私にとっても、
喜ばしく、ありがたいことです。

人生色々あるけれど、みんなに穏やかなシアワセが来ると良いなぁ・・・
と、優しい気持ちになれました。
by hiron-mori | 2012-02-06 19:55 | 思ふこと

上がったり下がったりな日々

この所、頭を離れない心配事がある。

考えても解決できない、仕方の無い事。現実をしっかり見て、私にできる事をしていくしかない。
分かってるのですが。

日常生活を変わりなく送る中で、突然何とも言えない不安が心から染み出して来る。

今すぐじゃなく、でもそう遠くない未来に起こるだろう事への不安。
それがいつ来るのか分からない不安。
その出来事を私は受け止めきれないのではないかという不安。
その先がイメージできない不安。


いやいや、悲観ばかりすべきじゃない。
私だけが抱いている思いじゃない。
と気を持ち直して笑顔で生活をしている。

そう。日々の暮らしは相変わらず穏やかで、幸せなのだから。
安心して笑い合える家族や友人に恵まれているのだから。
だから毎日楽しく過ごせているのも事実。


きっとこの安心と不安の繰り返しは、
いつか来るかもしれないやり切れない事実を受け止める為のプロセスなのだろう。

一種の「覚悟」をする為の段階を、鬱々と水面下で踏みつつ、沈没と浮上を繰り返している今日この頃です。

こんな感じで、つぶやきやブログが
躁鬱を繰り返すかもしれませんが、
鬱ぎみな文章は、ストレスを溜めない為の独白のようなものなので、
気にせずスルーしてくださいね。
by hiron-mori | 2012-01-17 18:18 | 思ふこと

探していたもの。本当の豊かさ

静かな年明け。
温かい部屋で、編み物をしながらラジオを聴いてたら、心に響く言葉に出会った。

*****************

「本当の豊かさとは?」


贅沢には2つある。
ひとつは沢山お金を出して最高級の味噌を買い、味わう贅沢。

もうひとつは額に汗して自分で栽培した大豆を使い、時間をかけて味噌を作って味わう贅沢。

前者は独り占めしたくなるが、後者は人に分け与えたくなる幸せ。

本当の豊かさとは、人と分け合って喜び合える贅沢の中にある。

*****************

ああ、本当にその通りだ。
私が目指してたのは、その豊かさなんだ。

手探りで探してた、漠然と欲しかったものが
急に目の前で形を表したような気がした。

年明け早々、スッキリとした気持ちになれた。
by hiron-mori | 2012-01-01 00:43 | 思ふこと

贈ることについて思う

お友達の出産祝いに編んでた おくるみ。
やっと完成♪

初めてのモチーフつなぎ、初めての大物なので
苦戦しつつも、楽しく編み続けて ついにゴール☆

大きい編み物も、達成感があって良いですね。


ただ、贈るために物を作るって、ホントにドキドキする。

気に入ってもらえるかどうか、相手の必要は?と悩むし、
素人の拙い編み物なので 使い心地や完成度に少し不安を感じるし。
もらった側は迷惑でも手作りだと、簡単に捨てたりもできないだろうし・・・。

と悩みながらも、せっかく作ったんだからと思い直して贈った。

だけど、おくるみにくるまれて、とても可愛い赤ちゃんの写真と
喜んでくれている友達のメールで一安心。


だれかの人生の節目を祝う贈り物って、いつも悩む。
で、お店を巡って ああでもない、こうでもない と迷って悩んでやっと決める。

今回は買って贈るよりも、更に手間も時間もかかったけど、
何を贈るか考えてデザインを決めて、材料調達して取りかかるまで
一つ一つしっかりとと相手の事を考える課程でわ幸せをお裾分けしてもらった気分になって、楽しかった。

もちろん、作る事自体も楽しい。
変な物は作れないという緊張感と達成感もある。

そういう意味では 贈る側に楽しみの多い贈り方だと思った。
あとは自己満足のみで終わらずに、相手に喜んでもらえれば尚うれしい。


とはいっても今回は、発送した後で あそこはああすれば良かったとか、
事前にあれこれ友達に質問しすぎて、もったいぶった感じになっちゃったかな・・・
と色々反省もした。

もっと上手に、さらりと心のこもった 素敵な贈り物ができる人になりたいな。

一つ一つ、経験を重ねて 丁寧に生きていきたいものです。



まだまだ編み物マイブームは継続中。
夫のニット帽を編みつつ、1月に出産予定の友達にも
何か作って送りつけようと計画中なのです♪
f0230975_12201793.jpg

by hiron-mori | 2011-11-20 12:14 | 思ふこと

こだまでしょうか?

朝礼での上司の訓話をきっかけに 考えたことをつらつら。

CMでもやってる、金子みすゞの詩。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

他人は、自分の鏡。 自分が笑いかけると、相手も笑ってくれる。

私には、「遊ぼう」と言うと「遊ぼう」と返してくれる友がたくさんいる。
「苦しい」というと「苦しいね」と、「うれしい」言うと「うれしいね」と
受け入れてくれる親や夫もいる。

私の人生にとってかけがえのない、大切な存在。

相手にとって、私はこだまのような存在になれてるかしら?
きちんと思いを受け止めてられているかしら?



「もう遊ばない」と思ってると「もう遊ばない」と遠ざかって行った人もいる。

私の意志がこだました、つまり受け入れられた結果だと思う。
一方通行の思いではなく、通じ合った状態なので、それも良い。
いつか「また遊ぼう」というこだまを発したり受けたりすることがあるのかもしれない。


そういえば、
子供だと短いスパンで「遊ぼう」と「遊ばない」を繰り返して人間関係を学ぶ。
大人になると一度「遊ばない」と、もう一度「遊ぼう」と言い合うのは難しい。

大人になると、こだまするのが下手になるのね・・・。
経験を積むと思い込みや固まった価値観がじゃまして こだましにくいのかな?
純真さがカギなんだろうか?



それでも、心はこだまする。良いことも、悪いことも。 
全部 きちんと受け止めて こだまして、受け入れ合えれば良い。
そうすれば、歪みのない関係が成立する。

意識的にこだまを返したり、こだまを意識していれば
穏やかで器の大きな人になれるかな・・・。



う~ん。まとまりのない文になってますが。
   

   こだま 。 基本のようで、理想です。
by hiron-mori | 2011-05-23 22:28 | 思ふこと

地震に関するチェーンメールに注意~エキサイトニュースより~

ITビジネス - エキサイトニュース

以下ニュース記事の抜粋☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

総務省は、東北地方太平洋沖地震に関連して、チェーンメール、電子掲示板、
ミニブログなどで誤った情報などが流れているため、
報道や行政機関のウェブサイトなどの信頼できる情報源で真偽を確かめ、
これらのチェーンメールなどに惑わされないように、としている。

また、チェーンメールを転送することは、いたずらに不安感をあおることにつながるため、
チェーンメールを受け取った時は、すみやかに削除し、転送を止めるように
と注意を呼びかけている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私の周囲では、中国電力の区域でも、東日本への送電の為に節電を!
ってチェーンメールが出回ってる。

今日遊びに来た友達も、昨日届いて 節電に心がけているらしい。
私にも同じような内容が3件届いて、そのうちの1件は
中国電力より発信と書かれていた。

中電なら先にテレビやラジオ使って呼びかけるよね?
おかしいと思って調べてみたら やっぱり偽情報。

東日本への送電はしているけれど、周波数の違いの為に変電施設経由となり、
送電量に上限があるらしい。一般家庭への節電依頼はしていないそうだ。

 中国電力HP


冒頭のエキサイトニュースで総務省が呼びかけているように、
常に真偽を確かめながら情報を得たり発信したりすべきです。

一見、善意の行いに見えるものを
こんなふうに疑わなきゃいけないのは、とても悲しいことです・・・。

被災者の皆さんに、本当に役立つ支援が一刻も早く届くことを祈りつつ
自分には何が出来るかを考えています。
by hiron-mori | 2011-03-13 23:16 | 思ふこと

地震について・・・ネット情報に思うこと

地震のニュースを、心を痛めながら見ている。

家族や友人が被害にあった知らせは無いけれど
身内が無事だったから良かったとか、そういうレベルの問題では無い事態に
心が落ち着かなくて 眠れない。

我が家はテレビを置いていない。
それを知ってる知人には「テレビがないと、災害の時困るでしょ?」
って言われるけど、実際そうでもない。

ラジオとネットと携帯電話があるので、緊急時でも大抵の情報は得られる。
自分の住んでる地域の災害時には防災無線も使える。


眠れないついでに、地震関連の情報収集をしてみている。

今、ユーストリームで地震ニュースのテレビ番組が
リアルタイムで配信されているので、映像も含めて随時最新情報を得られる。

twitterでは
この非常時で家に帰れず車中泊でしのぐ人への具体的な助言など、
実際に役に立つ善意の情報も twittを読んだ人が
更に自分のフォロワーに伝える形で拡散している。

「ヨドバシカメラが無償で携帯充電池配ってたけど、たった今品切れで終了」とか、
テレビでは知ることの出来ない、被災当事者が助かるような情報もある。


だけど、こういった個人が伝える情報は、真偽のほどがあやふやな事が欠点だ。
世の中には悪意で誤情報を流す人もいるから、すべてを鵜呑みにはできない。

善意の正しい情報でも、拡散している間のタイムラグで誤情報になる場合もある。

情報を流したり、広げたりする場合は 人道的な心と情報を審議する責任感が必要だと思う。
いくら善意でも、情報が被災者の生死を分けたりする可能性だってあるのだ。

噂レベルの確証のない情報や 曖昧な表現で
読む人を困惑させたりしないように、細心の注意を払う必要がある。

情報を得る側も、非常時でも慎重に情報の真偽を確認して行動すべきだと思う。


誰もが発信、受信できる 情報網が発達した便利な世の中だけど
こういう非常時は特に どんな立場でも情報に踊らされないように 
冷静に注意を払わなければいけないと実感した。


・・・・・・とか、あれこれ考えて 不安な気持ちを紛らわせています。
これ以上ひどい事が起こらないように、
一人でも多くの人の命が助かるように祈りながら眠ります。
by hiron-mori | 2011-03-12 01:29 | 思ふこと

時は金なりって事ですか?

仕事の能率アップについてのコラムを読んだ。

自分の月給から、時給を換算して その仕事に費やす費用を計算すると
能率アップにつながる というもの。

たとえば時給2000円なら、資料の文章を一から作ると3時間かかるから
この資料を作るのに6000円かかる。
それなら2000円の本の文章を引用して1時間で仕上げてコストを抑える とか。

5人で集まるこの会議では、1時間1万円のコストがかかる。
それに見合う内容の話し合いをしましょう。と会議の始めに言えば
みんなの意識が集中して無駄のない能率的な会議になる とか。


そこまでキリキリと自分を追いつめて仕事しなきゃいけないのかな?

能率アップはコストダウンに繋がるってのは正しいけれど
なんか方向性がネガティブというか脅迫的というか・・・
とても納得して実践する気になれない。

時間を節約してるというより、考えたり学んだりする時間までも
切り売りしているという感じ。

世の中って、こんなに世知辛くて厳しいものでしたっけ?

読んでてこんなに苦しい気持ちになるコラムなんて、初めてだわ。
by hiron-mori | 2011-02-28 01:46 | 思ふこと

細菌と私

病院の薬をもらって、風邪の症状は楽になった。

だけど今日はずっと腹痛。
お腹が下ってる。
仕事中はホントに辛かった。


多分原因は病院でもらった抗生物質。
風邪の原因菌と一緒に腸内細菌も死んでしまったみたい。
元々腸は弱い方なので、こういう飲み付けない薬の副作用がはっきり出る。

ついでに皮膚の表層菌も弱ってるみたいで肌がザラッとする。

薬は明日の分まで。
一応最後まで飲んで、ヨーグルトと乳酸菌飲料も飲もうっと。
多分乳製品で効果が弱まる抗生物質じゃないはず。

目に見えないけど体の中に沢山いる細菌達。
増えすぎたり減りすぎたりしないように、
全体のバランスを保てるようにケアしてあげると健康になる。

体の調子をよく観察して菌を「育てる」という点で、
ちょっと農業に似てる。私の仕事にも似てる。
考えたり行動したり感動したりしながら自分の心も育ててる。

より良く生きるって、心とか体とか菌とか色々「育てる」ことなのかもね。

そんなことを考えたハライタな一日でした。
by hiron-mori | 2010-11-25 00:18 | 思ふこと